手にできる水泡が発症してから10年になります。次第に症状は軽くなってきましたが、いまだに治療中。これまで様々な対策を試してきました。

症状

最初は小さな水泡ができる程度でしたが、下の図のような悪循環を繰り返し両手とも次第にボロボロになりました。

水泡の症状

症状が出ているときの写真です。最も悪化した時期に写真を撮らなかったので、実際はもっと症状が重い時期もありました。爪も薄くなってしまい、横から見ると根元がくぼんでいます。

手の水泡
水泡による皮のはがれ根元が薄くなった爪

 見苦しくてすみません!(>_<)

手は大抵のことに使いますが、その手が痛かったり刺激で痒くなったりするため、何をするにも躊躇するようになりました。

お風呂では、お湯の温かさとタオルを絞る刺激で手の痒みが頂点に達し、掻いたりこすったりをやめられなくなります。出社前のシャワーであまりの痒さに、既に皮がはがれたり切れたりした手を散々擦った揚げ句、動けなくなり遅刻したこともありました。子育て中は水仕事が多いうえに薬を塗る余裕もありません。

この辛さは経験した人にしかわからないと思います。同じ症状の人が「こんな状態が続いたらおかしくなるんじゃないかと思った」と話していたのを聞き、端的な表現だと思いました。それと同時に、自分が辛いと感じていたことが大袈裟ではないのだと確信しました。

これまで受けた処置と検査、対策

皮膚科では必ずステロイドの薬を処方されますが、それだけでは症状を抑えられません。他に試したことや病院で受けた処置、検査などです。

効果がはっきりしなかった対策

ビオチンが水泡に効くという情報を入手して試したことがありましたが、自分の水泡には効果がありませんでした。

イミダペプチドと漢方薬の十味敗毒湯は、ちょうど飲んでいた時期に水泡が消えたことがありました。但し、水泡が出やすい暖かい季節に改善されたことはないので、飲んだ時期が水泡が治まる時期だったのかもしれません。

漢方薬の六君子湯は、体内の余分な水分をとる効果があるので手の汗も減るのではないかという期待がありました。しかし、水泡に対して明らかな効果はありません。

包帯で手がミイラのような状態に!

近所の皮膚科で処方される薬で効果が見られず、ひどくなる一方でした。この状態に耐えられず大学病院の皮膚科に行くと、一先ずステロイドと亜鉛華軟膏を患部に塗り、両手首から先全体を包帯で巻いてくれました。

ありがたいことに、包帯をしている間は痛みを感じません。常に痛みがある状態から救い出してほしいと思い続けていたので、包帯で包まれた状態が”天国”に思えました。

しかし、包帯を外すと状態が良くなっているわけではありません。しかも、水仕事、子供の世話、風呂、トイレなど、包帯をしていると不便なことが沢山あります。

歯の治療や歯科で使用する薬剤、金属アレルギーとの関連性

歯科治療の後に悪化する傾向がみられたので、金属アレルギーを疑い検査を受けました。背中に17種類の金属を張り付け皮膚の炎症をみる検査です。その間お風呂に入れず、判定のため最低3日は皮膚科に通わなければなりません。楽な検査ではありませんが、結果は全て陰性でした。

水泡が発症した頃、歯の神経を初めて抜き歯の根の治療をしたので、それが原因ではないかと疑った時期もあります。それならばその歯を抜いてしまえばいいのではないかと、歯科で相談しました。水泡がそれほど辛い状態だったのです。

歯科医はその考えを否定しませんでしたが、抜くことは薦められないと真剣に言うので、思いとどまりました。歯を抜くと周りの歯が倒れてくるなど弊害が多いことを後から知り、抜かなくてよかったと、その歯科医に感謝しました。

歯科で使用する薬品のアレルギー反応も東京医科歯科大学で調べましたが、原因は見つかりませんでした。

乾燥でパックリわれる手の乾燥対策

水泡と併発すると辛い皮膚のパックリ割れ。水泡は汗(水分)が溜まって悪化すると言われています。一方、皮膚が割れるのは水分不足。両社は正反対のように思われ、対策が難しそうです。

乾燥を防ぐために服用したのは漢方薬です。最初に飲んだのは温清飲。長く続けていましたが、胃の機能に不安を持っていることを主治医に伝えると「温清飲は胃に負担をかけるかもしれない」と、温経湯への変更を提案されました。この2つの漢方薬で徐々に体質が改善されたのか、ゆっくりとですが、パックリ割れの症状は軽くなっています。

パックリ割れ

紫外線療法(ナローバンドUVB)で経過観察

特効薬が見つからず今までの処方薬は ”気休め” としか思えませんでした。そうやって、だましだまし、水泡と一生付き合うしかないと諦ていたのですが、もう一度治す決心をして、聖母病院の乾癬(かんせん)治療で有名な小林医師の診察を受けました。
同じく水泡に悩む男性が小林医師に診てもらい治ったという事例をテレビで見たことがきっかけでした。

このテレビで見た男性患者のように、原因を特定するために様々な診療科で検査することになると覚悟していたのですが、診断は異汗性湿疹。掌蹠膿疱症ではないので検査は不要でした。これを止めれば治るという明らかな要因があるのではなく、毎日の生活で気をつけなければなりません。

過去にも異汗性湿疹と言われたことはありましたが、そのときは、薬をもらってもよくならず改善策は見つかりませんでした。今回は診断や症状、治療方針の説明が端的で分かり易く、知識と経験が豊富な医師に診てもらえる安心感がありました。

発症の要因

異汗性湿疹は、汗が外に出切らず皮膚に溜まることで痒みや水泡の症状がでる湿疹です。
医師からは、次のことから皮膚のバリアが低下し発症したのだろうと言われました。

  • 元々アトピー体質であること
  • セラミド不足
  • 神経が細かくストレスを受けやすい

紫外線療法(ナローバンドUVB)

元々は乾癬治療のための治療法で、アトピー症状の場合は一回照射しただけで症状が和らぐ人もいるそうです。今回、この画期的な治療法を知り、改善に向けて光が見えたように思えました。

ナローバンドUVBにより、皮膚疾患が改善される仕組みです。

図:紫外線療法

私の場合は、症状が酷くなる時期だったこともあり週1回ペースで照射することになりました。

紫外線で効果が望めるなら、太陽光を手にあてても効果があるのか質問してみると、
「有害な物質も浴びることになるので、太陽光に直接あてるのは15分以下で」と言われました。
太陽光で治療なんて安易な考えでした…(-_-;

通常週1~2回照射。長期的な副作用としては、発癌性もあるので、”合計1000J(ジュール)を超えない、450回を超えないように照射する”と、同意書に書かれています。

こちらが照射の機器です。体幹にもアトピー症状があるときは全身用を数回使いましたが、通常は手の水泡の治療がメインなので、手を入れて照射する小さな機器を使用しました。

ナローバンドUVB機器全身用
ナローバンドUVB機器

照射後1日程度は、刺激でおきる痒みがいつもより抑えられていると感じました。いつもお湯で痒くなるのに、治療後はその痒みがありません。

十数回ほど照射していた頃、10月になり症状が出なくなりました。ここ数年、冬に水泡は出ませんが、今年は例年より早く治まったようです。
実はこのあと家の事情で通院できなくなったのですが、6月中旬までは症状がなく快適でした。

ナローバンドUVBを中断して一年後の受診

10月を最後に照射を中断してから10ヶ月。夏に少し水泡が出て痒かったのですが、9月になってから再受診。また、ナローバンドUVB療法が続くのだろうなと思ったら、落ち着いてきたのなら塗り薬だけでも構わないと言われました。病院が家から遠いので、内心ほっとしました。

秋になると症状が軽くなるので、処方薬(アンテベート軟膏10%+白色ワセリン20%)で乗り切ろうと思います。

皮膚の症状を予防するために気をつけること

医師に言われた予防のためのアドバイスです。

  • 手を酷使しない
  • 刺激物を避ける。触って痒くなるものは触らない
  • 例えば、ある特定の野菜を切っていて痒くなるなら、その野菜は使わない。
    家族のために頑張らず、皮膚に悪いものは使わないと割り切る!

  • 刺激は避ける。掻かない、擦らない。
  • 薬を塗ることも刺激となるので擦ってはいけない。薬はなじませて終わりにする。

  • 保湿
  • 睡眠時間を十分にとる
  • 栄養をしっかりとる
  • 栄養が不足すると抵抗力がなくなる。

  • ストレスをためない
  • 手はストレスで汗が出る場所。

  • 水泡がでそうなときは、尿素を含む薬を塗り予防する。

こちらは評判の良い別の皮膚科の医師による湿疹の発生過程の説明を図にしたものです。

図:湿疹の発症
・乾燥した皮膚に、刺激のある物質がしみこみ湿疹化する。
・掻いたり擦ったりすると皮膚の状態は更に悪化。
・まずは乾燥させない対策が大事。

この医師は、手を洗うたびに白色ワセリンで保湿をし、乾燥を防ぐことから始め、それでも症状が出てしまったら他の対策も検討しましょうというスタンスでした。

自己分析~結局何がいけなかったのか~

医師からのアドバイスを受け、自分の生活のどこが症状を悪化させたのかを分析しました。

1.食事

  • 出産~出産後の栄養不足(十分に栄養を摂っていなかった)
  • 栄養不足を甘いもので補う食生活

食べ放題の後に水泡が多く出る傾向がありました。自分のケースでは過食は禁物です。

2.ストレス

  • 復帰後の職場環境
  • 育児のために変化した生活

このような生活習慣とストレスは、放っておくと他の病気の要因にもなります。回復が早い年齢ではないので、無理をせず体にいい生活を心掛けなければならない、と実感しました。

今後の方針

医師の話などを参考に、今後は次のように対処するしていくことにしました。

症状 対処方法
症状がないとき 白色ワセリンで皮膚の乾燥を防ぐ
乾燥以外の皮膚症状がでたとき アンテベート+白色ワセリン
水泡がでそうなとき 尿素を含む薬
水泡などで辛くなったとき ナローバンドUVB療法を主治医に相談

尿素は皮膚を柔らかくして汗を出やすくすることで、水泡を予防する効果があるそうです。
市販薬であれば、ケラチナミン、ウレパール などがあります。

以上に加え、ストレスの多い仕事はやめました。
日頃から保湿を心掛け、生活習慣をできるだけあたらめようと思います。

今後はこの方針で経過観察します。症状が出たらナローバンドUVBに真面目に通い、アンテベートを併用すればかなり良くなる予感がしています。

その後の経過 2019年6月追記

昨年はナローバンドUVBを一度も照射せず過ごしたところ、今年は5月から症状が見られました。特に食事がおろそかになると翌日に悪化します。ところが今は病院へ行く余裕がありません。

そこで、なかなかやめられない生活習慣を、より真剣に見直すことにしました。食事がとれないときに、市販の菓子や菓子パンで済ませることを控え、代わりに、たんぱく質を意識して摂るようにしました。慢性的にたんぱく質不足であることを自覚していたからです。作れなければ、ツナや卵、お魚ソーセージや小魚、納豆でもいいので、できるだけ添加物が少ないものを心掛けました。

すると、何とか病院へ行かずに済む程度の症状で治まっています。この生活を続ければ、病院の治療に頼らずにいられるかもしれない!中高年なので、無理はできないということですね。

要因は一つではないかもしれませんし、人それぞれ異なります。私の場合は、大きな要因の一つが栄養不足にあったようです。

変化が見られたらまた追記します!