わが子は今中学一年生です。これから勉強が難しくなるに向けて、塾にするか、それとも例年通り家庭学習用の参考書や問題集を買おうかと考えていた頃、学校で個人面談がありました。

この個人面談での教師の助言は、無駄がなく経済的にも助かり、もっともな内容でした。話を伺って家庭学習のやり方に対する不安もなくなりました。

学習方法

以下は、数学教師の話です。教科によって勉強法に違いがありますが、他の教科で使える部分も多いと思います。

いろいろな問題集や参考書を購入するより、一冊で基礎をしっかり身につける

これまで何回か本屋に足を運び、解説が詳しく高度な問題も載っていそうな問題集を探していました。

しかし「新しい問題集は不要、学校の教材だけで十分」という教師の話を聞き、その助言に救われた思いがしました。

というのも、我が家では小学校のときから問題集を買って、一年かけてやっていたのですが、習い事もあったため2教科でも終わらせるのがやっとでした。おまけに解説がわかりにくく十分に理解できないままの問題もありました。

そのため、あらたに問題集を購入することに疑念があったのです。

教師の話は、その疑念を解決してくれる内容でした。

  • 問題集がたくさんあると、どれも中途半端になってしまう可能性が高くなる。それよりもいい問題集で、間違えた問題をできるまで繰り返し解く。
  • 取り組む問題は、学校で行うテスト と、学校で使っている問題集 だけで良い。

参考までに学校で使用している教科書は、東京書籍「新しい数学」。問題集は、同じく東京書籍の「新しい数学(教科書の例に完全対応)基礎からの問題集」です。

教科書と問題集_新しい数学

  • この中でできなかった(もしくは間違えた)問題に印をつけて、問題だけをノートに書き、解いてみる。同じ問題を解くのは前回やってから2、3日経ってからが良い。
  • 間違えた問題の印は、間違えた回数がわかるようにする。例えば1回間違えたら一重丸、2回間違えたら二重丸など、印のつけ方を決めておく。
  • 間違った問題だけ書き、できるまで繰り返し解く「間違いノート」を作る。
  • 難しい問題から始めるのではなく、楽にできる問題から難しい問題へと移行する。(最初から難しい問題に取り組むと嫌になってしまうから)

塾に行かないなら、学校の先生を活用すること。わからないことは質問する

学校のテストや問題集でわからないところがあったら放置せず先生に質問する。問題集の解説だけではわかりにくくても、教師が補足すればすぐに理解できるケースが多い。

うちの子は引っ込み思案で、わからなくても先生に質問しないタイプです。そのうえ、先生のことを恐れていて余計に質問できないようです。
それでも、個人面談に同席してこの話を聞いた後は「質問できた」というので
「これからも、わからないことがあったら必ず先生に質問してね」と伝えました。

テスト対策として時間内に解く練習をする

テストの経験が少ないと、時間がなくなり焦ってしまうこともあります。そのようなテスト対策はどうすれば良いかを聞きました。

  • テスト対策として時間内に沢山解く練習をする。
  • 時間を計って、速く解いてみる。
    小テストやドリルなどで、時間が書かれていれば、その時間内に解く練習をする。

塾へ行かないのでテストにも不慣れです。間違いノートの問題が解けるようになったら、
自分で時間を計って時間内に終わらせる練習を何度もすることにしました。

塾か家庭学習か

塾について担任教師のお話です。

  • 塾に入れて必ずしも成績が上がるとは限らない。ついていけなくて、逆に自信をなくす子もいる。
  • 勉強を頑張りたいと自分から行きたいというのでなければ、親主導で塾に入れるものではない。
    自分が勉強を見れないなどという親の都合で塾に通わせない。

時間がなく、親が家庭学習を見ることができないことについて。

  • 親が忙しく勉強を見れないなら子供に今日やったことを報告させる。親が見れなければ、やった内容を自分で記録させる。親が何のために仕事をしているのかを理解し、それなら自分は何をすべきなのか考えさせることも必要。

子供の通う中学は、公立ですがレベルが高いと言われていて、先生方の言うことは的確で、指導も信頼できます。私の持っていた疑問に納得がいく答えを出してくれて、中学での勉強法に迷いがなくなりました。

今のところ、本人は芸術方面への進学を希望していますが、それでも各教科平均以上の成績は維持してほしいと思います。勉強でトップを目指すわけではないので、その場合の勉強法としては、これで十分だと思います。

今は子供にお金をかける家庭が多く、塾や習い事など子供関連の教育やサービスはたくさんあります。両親が共働きなら、それらの利用頻度は高くなるでしょう。

ですが、子供もある程度の年齢になれば、親が家にいないからと塾や習い事などで忙しくさせることはありません。目指すレベルにもよりますが、塾へ行かず家庭学習で十分である場合も多いのではないでしょうか。